トップページ » NAR、米国不動産視察、JARECO、全米リアルーター協会、戸谷英世


米国不動産と住宅地視察ツアー<NAR(全米リアルーター協会)会議&展示会2014参加>

<NAR(全米リアルーター協会)会議&展示会の概要>

米国の不動産業者の協会であるNAR(National Association of REALTORS®)が主催する、全米最大の不動産関連業者の会議と展示会で、毎年秋に米国の都市で開催される。近年は米国のみではなく、世界中から不動産業者が参加するようになった。

★ 期 間 : 2014年11月7日~11月10日

★ 開催地 : ルイジアナ州ニューオリンズ モリアル・コンベンション・センター

★ セミナー : 100あまりの教育セッションが期間中に開催される。

★ 展示会 : 約400社の業者が不動産関連事業に関わるツールを出展する。

★ 参加者 : 米国から約17,000人、世界60か国から約1,300人の来場予定

★ URL : http://www.realtor.org/convention.nsf/

<当研修ツアーの特色>

① NAR会議&展示会では、11月7日の海外からの参加者向けセミナーを聴講。午後は不動産業者向け各種サービス・システムの最大規模の展示会であるNAR EXPO会場を視察する。

② ニューオリンズでは、フレンチクオーターの歴史的街区とガーデンディストリクトの高級住宅街およびオープンハウスを見学(予定)し、100年以上経過した住宅が劣化することなく、今なお高級住宅として売買されている実態を把握する。

③ オーランドでは、現地在住日本人不動産業者による不動産セミナーを開催し、日米の不動産流通システムと不動産に対する考え方の違いを学び、米国で新築より既存住宅の取引が多い理由を考える。

④ オーランドでは、現地在住日本人不動産業者の案内で、新築住宅と中古住宅を内覧し、米国の不動産流通の実態を把握する。

⑤ オーランドでは、米国の住宅地開発の大きな流れとなっているTND(伝統的近隣住区開発)=ニューアーバニズム手法による代表的な住宅地である、セレブレーションとボールドウィンパークを戸谷講師の案内と解説で視察し、その優れている面を学ぶ。

⑥ セレブレーションまたはボールドウィンパークのHOA(Home Owners Association)の担当者から住宅地経営についてのヒヤリングをする。(予定)

⑦ 移動のバスの中等で、戸谷英世講師による米国の住宅と日本の住宅の違いについての講義を受ける。

⑧ 出発前に事前の研修会を開催し、視察先の内容と視察の意味を把握する。

⑨ 帰国後報告書を作成し、参加者に無料で配布する。

<日程表(A)>

月 日

発着都市

交通機関

時間

行動予定

食事

2014年

11月6日

(木)

成田発

航空機

午後

空路、米国内乗り継ぎニューオリンズへ
ニューオリンズ着

夕刻

着後、ホテルへ

<ニューオリンズ泊>

11月7日

(金)

ニューオリンズ

滞在

徒歩

終日

★NARカンファレンス&エクスポ参加

(海外参加者向けセミナーと展示会視察)

<ニューオリンズ泊>

11月8日

(土)

ニューオリンズ

滞在

徒歩

専用バス

終日

★フレンチクオーター歴史地区視察

★セント・チャールズ・ストリート沿いのガーデン・ディストリクト(高級住宅街)視察

★オープンハウス内覧

<ニューオリンズ泊>

11月9日

(日)

ニューオリンズ発

オーランド着

航空機

午前

午後

空路、オーランドへ

着後、ホテルへ

<オーランド泊>

11月10日

(月)

オーランド

滞在

(現地日系不動産業者の案内)

専用バス

午前

午後

★米国の不動産流通システムに関するセミナー

★オーランド市内・近郊不動産物件視察

(一戸建て、テラスハウス等の中古住宅および商業施設見学)

<オーランド泊>

11月11日

(火)

オーランド

滞在

(戸谷講師の案内・解説)

専用バス

終日

★セレブレーション住宅地開発(TND)視察

★ボールドウィンパーク住宅地開発(TND)視察

★住宅新築物件視察

<オーランド泊>

11月12日

(水)

オーランド発

空路、米国内乗り継ぎ成田へ

11月13日

(木)

成田着

夕刻

着後、解散

<日程表(B)>は11月9日にニューオリンズを出発し、11月10日に成田へ帰着します。

★詳しいパンフレットと参加申込書はこちら>>>総合パンフ(PDF)



研修旅行情報

研修旅行情報



新着情報

研修旅行情報