トップページ » 藤沢SST視察、スマートタウン視察、スマートシティ視察、藤沢スマートタウン視察、省エネ住宅視察


藤沢SST(サステイナブル・スマートタウン)にみる日本のスマートシティ視察研修会[第64回国内住宅デザイン・街並み研修会]

<藤沢SSTの目標>

1.CO2を70%削減=戸建て住宅、施設、公共エリアに太陽光パネルや蓄電池、省エネ設備を導入して実現

2.生活用水30%削減=節水商品の導入や雨水を積極的に利用するなど、街全体で水使用料を最小化

3.再生可能エネルギー利用率30%以上=公共用地を活用する「コミュニティソーラー」などで創ったエネルギーや公共ゾーンに設置する太陽光パネルなどで実現

4.ライフライン確保3日間=非常時に3日以内に通常の状態に復旧する。復旧までの生活用水、食料、飲料水は備蓄し、万全の態勢を整える。

◆ 研修日 : 2016年4月6日(水)

◆ 研修地区 : 神奈川県藤沢市

◆ 団 長 : 住宅生産性研究会理事長 戸谷英世

◆ 費 用 : 一般 ¥25,000/住宅生産性研究会会員¥20,000

◆ 参加定員:20名様  ◆ 申込締切日:3月18日(金)

◆ スケジュール:09:30JR新横浜駅集合~辻堂ザ・テラス~藤沢SST~湘南国際村~18:00新横浜駅前解散

◆ 視察先:

◎藤沢SST=600戸の戸建て住宅、商業施設、健康・福祉・教育施設、公園、街区などからなり、日本型サステイナブル・コミュニティの実現を目指す大規模プロジェクト。Fujisawa SSTマネジメント会社の担当者による解説と案内

◎辻堂ザ・テラス=2013年にオープンした97区画からなる住宅地。太陽光パネルとエネファームを85戸に標準採用した。

◎湘南国際村=1994年開村した電柱もテレビアンテナもない総戸数300戸の街並み

★詳しいパンフレットと参加申込書はこちら>>>募集パンフレット(PDF)



研修旅行情報

研修旅行情報



新着情報

研修旅行情報