トップページ » 米国有料老人ホーム視察、米国高齢者住宅視察、リタイアメント施設視察ツアー、HIMSS、グローバル研修企画、上岡榮信、米国シルバー視察ツアー


第3回米国の高齢者住宅成功事例視察ツアー[MEDTRADE/大学連携老人ホーム/高層ホーム/CCRC]

企画主旨

世界に類を見ない速さで、全人口の5人に1人が65歳以上という高齢社会が、日本にも訪れ、高齢者住宅・施設の需要は急速に広がっていくと考えられます。なかでも、年々利用者が増え脚光を浴びつつあるのが、民間の有料老人ホームです。特に2000年に施行された介護保険制度によって、「高齢者住宅事業は儲かる」と安易に参入し、実情と運営がかみ合わず、困難に直面している事業者も見受けられます。

この特殊で難しい事業である「高齢者住宅事業」を営んでいる方、及びこれから営もうとしている方向けに、海外700ヶ所以上、国内120ヶ所以上の高齢者向け施設を視察・調査されてこられた上岡榮信氏をこの度もコーディネーターに迎え、当視察ツアーを企画いたしました。

アメリカの老人ホームは、日本として一番参考になる、最も学ぶべきものが多くあります。それは、ビジネスとしてサービスを提供していること。そして、民間企業がどんどんホームを建てて自由競争をしているからです。そのなかでも、大変興味深い、大学と連携した有料老人ホームとCCRC(継続介護高齢者施設)の視察を中心に当ツアーを企画しました。関係各位の奮ってのご参加を期待いたします。

コーディネーターのご紹介=上岡榮信氏

一般社団法人有料老人ホーム入居支援センター理事長。フレンズライフケア・アット・ホーム・ジャパン株式会社代表取締役社長。1949年愛媛県伊予市に生まれる。フリーランス通訳(英語)として、松下電器(現パナソニック)、ソニー、本田技研工業、日産自動車、小松製作所などの海外ディーラー及び、ジャーナリストらの本社、研究所、工場視察の通訳・案内を長年勤める。1980年ごろから有料老人ホーム関連の仕事が増え、全国有料老人ホーム協会、シルバーサービス振興会、高齢者住宅財団、三井不動産、竹中工務店、鹿島建設等の海外視察、研修、調査の企画・手配・業務通訳・添乗を行い、シルバー関連海外調査を132回行う。現在、有料老人ホームを希望する人のための有料老人ホーム入居支援センターを立ち上げ、シルバー関連の講演等も多数行っている。著書「絶対に失敗しない有料老人ホームの選び方」(河出書房新社)

MEDTRADE 2011(国際介護・福祉用機器展)

MEDTRADEは、米国商務省より海外バイヤープログラムの一つに選定されている展示会で、米国内で春と秋の2回開催されている。ドイツで開催される「REHACARE」,日本の「HCR国際福祉機器展」と並ぶ3大福祉機器展のひとつ。

☆開催期間:2011年10月25日~27日

☆開催場所:米国ジョージア州アトランタ市 ジョージア・ワールド・コングレス・センター

☆出展者数:約500社

☆出展品:耐久医療機器・備品、可動製品、呼吸・酸素製品、寝具・ベッド用品、リハビリ用品、糖尿病用品、入浴安全製品、ベッド・マットレス・付属品、日常生活支援、傷ケア製品、使い捨て用品、薬、介護用品、排泄障害・オミトミーサポート、リフト、矯正・人口器官、注入治療製品、等のホームヘルスケア関連用品

日程表(A)

月 日

発着都市

交通機関

時間

行動予定

2011年

10月25日(火)

成 田 発

航空機

夕刻

空路、米国内乗り継ぎアトランタへ
アトランタ着

着後、ホテルへ

<アトランタ泊>

10月26日(水)

アトランタ

滞在

終日

★MEDTRADE(国際介護・福祉機器展)視察

<アトランタ泊>

10月27日(木)

アトランタ

滞在

終日

★MEDTRADE(国際介護・福祉機器展)視察

<アトランタ泊>

10月28日(金)

アトランタ発ボストン着

航空機

午後

空路、ボストンへ着後、ホテルへ

<ボストン泊>

10月29日(土)

ボストン

滞在

専用車

終日

★ザ・ヘリック・ハウス視察(病院の敷地内にある有料老人ホーム)★ザ・ラーセール・ビレッジ視察(プログラム参加が義務の大学連携CCRC)

<ボストン泊>

10月30日(日)

ボストン

滞在

終日

自由視察

<ボストン泊>

10月31日

(月)

ボストン発シカゴ着

航空機

午前

午後

夕刻

★ブルックスビー・ビレッジ視察(広大な敷地のキャンパス・タイプのCCRC)空路、シカゴへ着後、ホテルへ

<シカゴ泊>

11月1日

(火)

シカゴ

滞在

専用バス

終日

★ザ・クレア・アット・ウォータータワー視察(ロヨーラ大学と連携した52階建てのCCRC)★ザ・ホリー・コート・テラス視察(アパートタイプの都市型CCRC)

<シカゴ泊>

11月2日

(水)

シカゴ発

航空機

午後

空路、成田へ

10

11月3日

(木)

成 田 着

夕刻

着後、解散

★詳しいパンフレットと参加申込書はこちら>>>>第3回米国の高齢者住宅成功事例視察ツアー

米国の先進高齢者住宅成功事例視察ツアー《大学内老人ホーム/高層ホーム/ケア付住宅/HIMSS展示会等》

企画主旨 

 世界に類を見ない速さで、全人口の5人に1人が65歳以上という高齢社会が、日本にも訪れ、今後、10年以上にわたって、65歳以上は毎年60万人ずつ、75歳以上は36万人ずつ増えると予測されており、高齢者住宅・施設の需要は急速に広がっていくと考えられます。なかでも、年々利用者が増え脚光を浴びつつあるのが、民間の有料老人ホームです。特に2000年に施行された介護保険制度によって、「高齢者住宅事業は儲かる」と安易に参入し、実情と運営がかみ合わず、困難に直面している事業者も見受けられます。

 この特殊で難しい事業である「高齢者住宅事業」を営んでいる方、及びこれから営もうとしている方向けに、海外700ヶ所以上、国内120ヶ所以上の高齢者向け施設を視察・調査されてこられた上岡榮信氏をコーディネーターに迎え、当視察ツアーを企画いたしました。

 アメリカの老人ホームは、日本として一番参考になる、最も学ぶべきものが多くあります。それは、ビジネスとしてサービスを提供していること。そして、民間企業がどんどんホームを建てて自由競争をしているからです。そのなかでも、大変興味深い老人ホームの視察を中心に当ツアーを企画しました。関係各位の奮ってのご参加を期待いたします。

主な視察・訪問先

 ★オークハンモック・・・・・フロリダ大学のキャンパスに隣接して建てられた有料老人ホーム。フロリダ大学との提携によるサービスを最大の特徴としている。例えば、健康・人間パフォーマンス学部との連携によるフットネスセンターの運営、歯学部の歯科衛生士によるケア、獣医学部によるペットの定期的ケア、多数の教養科目の受講、大学の施設の特権的利用等、正規の学生に近いサービスを受けられる。

 ★HIMSS11(オプション)・・・・・HIMSS(Healthcare Information and Management Systems Society)の年次大会・展示会。米国で2万人以上の個人と300を超える企業を会員として抱える医療情報マネジメント・システム協会が年一度開催する総会で、各種研修プログラムと展示会が開かれる。展示会には約650社の医療機器関連企業、IT企業がブースを構える。

 ★ザ・ビレッジ(オプション)・・・・・広大な敷地を有するリタイアメント・コミュニティ。トロリーに乗り、専属ガイドの説明を受けながらコミュニティを一周する。 http://www.thevillages.com/index.htm

 ★ジャスト・ライク・ホーム・・・・・医師のコナード氏が「住宅とケアと医療を一ケ所で解決したい」との思いから、奥様とともに設立した有料老人ホーム。今は5棟のホームを経営し、家庭のようななじみの関係でケアを行っている。既存の庭付き住宅を安く買い取り、増改築して8~12名分の部屋をつくるのがスタンダード。

 ★エッカードカレッジ・・・・・メキシコ湾に面した学生数1500名ほどの小規模な私立大学。広大なキャンパスの有効利用を兼ねて民間企業に土地を貸し、キャンパス内に老人ホームを設立した。この新しいタイプの老人ホームの先駆者。入居者は、元教授、フロリダ政財界OBなど、リタイアした後も知的好奇心が旺盛な人たち。コンサートなどの文化的イベントの継続的な開催、地域への社会的・文化的貢献、世代間学習と学生への助言などを行っている。

 ★マッキンタワー・・・・・ウエストパームビーチにある高層タワーの有料老人ホーム。自立者用、要介護者用のフロアーに分かれている。1ルームタイプで40㎡以上、2ルームタイプで50㎡以上が確保され、レストランは朝食用と夕食(ディナー)用に2つある。

コーディネーターのご紹介=上岡榮信氏

一般社団法人有料老人ホーム入居支援センター理事長。フレンズライフケア・アット・ホーム・ジャパン株式会社代表取締役社長。1949年愛媛県伊予市に生まれる。フリーランス通訳(英語)として、松下電器(現パナソニック)、ソニー、本田技研工業、日産自動車、小松製作所などの海外ディーラー及び、ジャーナリストらの本社、研究所、工場視察の通訳・案内を長年勤める。1980年ごろから有料老人ホーム関連の仕事が増え、全国有料老人ホーム協会、シルバーサービス振興会、高齢者住宅財団、三井不動産、竹中工務店、鹿島建設等の海外視察、研修、調査の企画・手配・業務通訳・添乗を行い、シルバー関連海外調査を132回行う。現在、有料老人ホームを希望する人のための有料老人ホーム入居支援センターを立ち上げ、シルバー関連の講演等も多数行っている。

日 程 表 

 

月 日

発着都市

交通機関

時間

行動予定

2011年

2月20日

(日)

成 田 発

航空機

午後

空路、米国内乗り継ぎジャクソンビルへ
ジャクソンビル着

(フロリダ州)

  

夕刻

 

着後、ホテルへ

<ジャクソンビル泊>

2月21日

(月)

 ゲインズビル発オーランド着 

専用バス

 

午前

★オークハンモック視察陸路、オーランドへ着後、ホテルへ

<オーランド泊>

2月22日

(火)

オーランド

滞在

 

 

 

終日

★オプション(別途料金がかかります)①HIMSS11年次大会・展示会視察②ザ・ビレッジ(リタイアメント・コミュニティ)視察

<オーランド泊>

2月23日

(水)

オーランド発タンパ着

専用バス

 

 

午前

午後

 

陸路、タンパへ着後★ジャストライクホーム視察

<タンパ泊>

2月24日

(木)

 タンパ発ウェストパームビーチ着

専用バス

午前

午後

夕刻

★エッカードカレッジ老人ホーム視察陸路、ウエスト・パームビーチへ着後、ホテルへ

<ウエストパームビーチ泊>

2月25日

(金)

ウストパームビーチ滞在

専用バス

午前

午後

★マッキンタワー視察自由視察

<ウエストパームビーチ泊>

2月26日

(土)

ウエストパームビーチ発 

航空機

空路、米国内乗り継ぎ成田へ

2月27日

(日)

成 田 着 

 

夕刻

着後、解散

 

詳しいパンフレット・参加申込書はこちらから>>>>総合パンフ

◎研修企画:NPO法人住宅生産性研究会

◎旅行企画・実施:株式会社ワールドストリーム(観光庁長官登録旅行業第831号)

◎受託販売:株式会社グローバル研修企画(東京都知事登録旅行業3種-5710号)



研修旅行情報

研修旅行情報



新着情報

研修旅行情報