トップページ » 日本におけるサステイナブルコミュニティ、住宅国内研修会、住宅現場視察、


「泊山崎ガーデンテラス」&「スパイラル・ガーデンサバーブ」現場研修会(三重)<日本のサステイナブルコミュニティ実現事例>

今回の現場研修会は、三重県で取り組まれているサステイナブル・コミュニティ(ニューアーバニズム)の実現事例として、アサヒグローバル(株)による「泊山崎ガーデンテラス」と(株)彩賓館による「スパイラル・ガーデンサバーブ」の二つの住宅地の現場を見学し、セミナーを行うものです。

「泊山崎ガーデンテラス」は、第1回長期優良住宅事業まちづくり部門で、国土交通省が採択した事例の中で、担当室長が「ガーデンヒルズ」(工藤建設・横浜)とともに、“文句なしに支持できる計画”と評価し、審査委員の全員が同意した、我が国でも最高水準の住宅地です。地方行政とのやり取りや営業上の事情で、実施までには多くの変更を余儀なくされたその経緯、事情についても明らかにします。

「スパイラル・ガーデンサバーブ」は、英国のガーデンシティの理論と実践に学んで、亀山の地に実現させたレンガの街です。当初、企業向け住宅地経営から、一般の賃貸住宅地、分譲住宅地に計画を全面的に作り替え、イングリッシュガーデンとレンガによる街並みにより、英国風のライフスタイルを楽しんでもらい、生活者に高い満足度を提供する住宅地です。

◆ 「泊山崎ガーデンテラス」の区画開発コンセプト

①歩車道分離 ②電柱・電線の排除 ③駐車場と庭の分離 ④すべての家と中央公園がつながっている ⑤公園を中心にした配置  ⑥公園内の水の利用

◆ 「スパイラル・ガーデンサバーブ」開発コンセプト

①イングリッシュガーデンと緑溢れる贅沢な空間  ②安心、安全に暮らせるコミュニティーの実現 ③美しさと経済性を兼ね揃えるレンガの街並み

★詳しいパンフレットと参加申込書はこちら>>>>募集パンフレット(PDF)



研修旅行情報

研修旅行情報



新着情報

研修旅行情報