トップページ » 定期借地権


資産価値が向上するタウンハウスと住宅地開発現場視察研修会[第47回国内住宅デザイン・町並み研修会]

現在不況にもかかわらず、市場価格としての地価が高止まりして住宅価格が引き下げられない状況にあります。高い地価の下で優れた街並みを造る方法して「隣地境界に接して住宅を供給する方法」(ゼロロット開発)が、戦前の京都、大阪や東京他、世界各都市で取り組まれてきました。1980年代に住宅金融公庫が中心になって進めたタウンハウスは、米国の60年代に始められたタウンハウスに学ぶものでしたが、その後のバブル経済下でその発展が阻害され、独立戸建住宅が中心になってきました。

住宅バブルが崩壊した米国では、消費者の購買力に対応すべく、基本的に、戸建住宅からアタッチドハウスに軸足が移っており、土地の戸密度利用を戸建住宅として実現するためには、隣地境界線に接して住宅を建築するデザインが、最も合理的な計画とする方向に向かっています。そこで今回1970年代後半にわが国で建築されて優れたタウンハウスを、建築後30年の歴史の経過を経て、現代の視点でどのように評価できるか実物を見ながら検討し、あわせて街並みの優れた和風とレンガ造りの住宅地も視察する企画を致しました。

◆ 視察先概要 :

◎南桜井タウンハウス=東急不動産により開発された21棟107戸からなる住宅地

◎ガーデンタウン南桜井=22棟87戸のタウンハウスからなる美しい住宅地

◎こしがや四季の路=21戸の和風住宅からなり、自然の樹木を残し、井戸水を利用した水路が安らぎを与える住宅地。住まいのまちなみコンクール国土交通大臣賞受賞

◎ムカサガーデン=40棟のレンガ住宅からなる100年定借の重厚な街並みの住宅地

詳しいパンフレットと参加申込書はこちら>>>>第47回国内住宅デザイン・町並み研修会

長期優良住宅・100年定期借地権住宅地“ムカサ・ガーデン”現場視察ツアー&セミナー

年収の2.5倍で販売でき、利益は減らさない、長期優良住宅と定期借地権開発に関心のある工務店経営者・開発業者様へ

●今までの日本の住宅は、20年たったら資産価値はゼロ。でも欧米では100年以上経っている住宅が新築よりも高い価格で取引されていると聞きますが、何故ですか?⇒日本では流行の住宅を建てますが、欧米では融資期間内に資産価値の落ちない仕組みを守る住宅を建築します。

●ここのところの経済不況で、消費者の購買力が落ち込んでいるので、新築住宅が売れません。このままだと会社の経営が成り立っていきません。生き残る方法はありますか?⇒販売価格を切り下げて、一戸あたりの粗利が小さくなっても、生産性を高め期間当たりの粗利総額は大きく出来ます。

●英国では、土地は全て99年の定期借地権だそうですが、何故ですか?⇒英国の定期借地は、地主が望む住宅を借地人に建設させ、借地期間満了後(100年目)に自分の資産にするためです。

●日本でも最近定期借地権が注目を集めていますが、あまり広がっていないようです。何故ですか?⇒日本の定期借地事業は、地主の節税と住宅会社の住宅販売のためで、消費者の利益を粗末にしているからです。

●日本の定期借地権は50年と決まっているのですか?そして、50年経つと更地にして返さないといけないのですか?⇒借地法に定めている標準的な借地条件では質問のとおりです。しかし、それ以外の方法も契約自由の原則で、当事者の合意で決めることが出来ます。

●日本でも英国並みの100年定期借地の住宅地があると聞きましたが、本当ですか?

・・・・・あります。それが、さいたま市の“ムカサガーデン”です。

■全43棟のレンガ造りの住宅地で、欧米並みの街並みを実現

■販売と同時に即完売(一期目)。地元以外からの購入希望者が多数

■分譲住宅にもかかわらず、ウエイティングが・・・・

■家に帰るのが楽しみ(大多数の住民の声)

     

詳しいパンフレットをPDFでご覧になれます。>>>>パンフレット・参加申込書



研修旅行情報

研修旅行情報



新着情報

研修旅行情報