トップページ » 住宅研修会、近代建築視察


日本における近代建築視察研修会[FLライト、Jコンドル、ル・コルビジェ]=第67回国内住宅デザイン・街並み研修会=

今回の研修ツアーでは19世紀末から半ばまでを代表する世界的に高い評価を受けている建築様式を見学し、デザインの研修をします。FLライトの設計による明日館はプレーリー様式とよばれる建築です。古河邸と岩崎邸は日本の近代建築の創成期を指導したコンドルによる設計です。国立西洋美術館はご存知のように今年世界遺産に登録されたコルビジェの日本での唯一の作品です。住宅購入者の心を掴むことができるものはデザインです。洋風デザインの魅力を車中セミナーします。

◆ 研修日 : 2017年2月14日(火)

◆ 研修地 : 東京

◆ 団 長 : 住宅生産性研究会理事長 戸谷英世

◆ 費 用 : 一般 ¥25,000  住宅生産性研究会会員¥20,000

◆ 参加定員:20名様  ◆申込締切日:1月31日(火)

◆ スケジュール: 09:30 東京駅丸の内南口集合・出発~旧古河邸~自由学園明日館内部見学(フランク・ロイド・ライト)~旧古河邸内部見学(ジョサイア・コンドル)~旧岩崎邸見学(ジョサイア・コンドル)~国立西洋美術館内部見学(ル・コルビジェ)~17:30東京駅解散

◆ 視察建築物:

自由学園明日館=1921年羽仁夫妻が創立した自由学園の校舎としてFLライトの設計で建設された

旧古河邸=1919年古河財閥3代目当主の邸宅としてジョサイア・コンドル設計により建設された

旧岩崎邸=1896年三菱3代目岩崎久彌の本邸としてジョサイア・コンドルの設計により建てられた。

国立西洋美術館=1956年ル・コルビジェの基本設計をもとに前川國男等が実施設計し建設。2016年に世界遺産に登録された。

★募集パンフレットと参加申込書はこちら>>>募集パンフレット(PDF)



研修旅行情報

研修旅行情報



新着情報

研修旅行情報