トップページ » 住宅生産性研究会


資産価値が向上するタウンハウスと住宅地開発現場視察研修会[第47回国内住宅デザイン・町並み研修会]

現在不況にもかかわらず、市場価格としての地価が高止まりして住宅価格が引き下げられない状況にあります。高い地価の下で優れた街並みを造る方法して「隣地境界に接して住宅を供給する方法」(ゼロロット開発)が、戦前の京都、大阪や東京他、世界各都市で取り組まれてきました。1980年代に住宅金融公庫が中心になって進めたタウンハウスは、米国の60年代に始められたタウンハウスに学ぶものでしたが、その後のバブル経済下でその発展が阻害され、独立戸建住宅が中心になってきました。

住宅バブルが崩壊した米国では、消費者の購買力に対応すべく、基本的に、戸建住宅からアタッチドハウスに軸足が移っており、土地の戸密度利用を戸建住宅として実現するためには、隣地境界線に接して住宅を建築するデザインが、最も合理的な計画とする方向に向かっています。そこで今回1970年代後半にわが国で建築されて優れたタウンハウスを、建築後30年の歴史の経過を経て、現代の視点でどのように評価できるか実物を見ながら検討し、あわせて街並みの優れた和風とレンガ造りの住宅地も視察する企画を致しました。

◆ 視察先概要 :

◎南桜井タウンハウス=東急不動産により開発された21棟107戸からなる住宅地

◎ガーデンタウン南桜井=22棟87戸のタウンハウスからなる美しい住宅地

◎こしがや四季の路=21戸の和風住宅からなり、自然の樹木を残し、井戸水を利用した水路が安らぎを与える住宅地。住まいのまちなみコンクール国土交通大臣賞受賞

◎ムカサガーデン=40棟のレンガ住宅からなる100年定借の重厚な街並みの住宅地

詳しいパンフレットと参加申込書はこちら>>>>第47回国内住宅デザイン・町並み研修会

ミラノサローネ2010(国際家具見本市)と英国住宅デザイン視察ツアー

わが国の人口は今後減少に向かい、それに伴って土地住宅需要が減少し、土地取引も減少するため、土地税による宅地管理負担が重く地主の肩にのしかかってくる。国民の所得も減少し、住宅費負担能力も低下している。そのため土地を売買しないで住宅取得をする、定期借地が社会の関心事になっています。日本の定借と違って英国のリースホールドによる住宅は、国と国民の資産形成に大きく貢献してきました。英国では19世紀末の工場主によって造られたクラシックデザインの住宅からなる工場町が、現在でも資産価値の上がる住宅として取引されています。今回の研修ツアーでは、イタリアで世界最大のインテリアデザイン展示会であるミラノサローネと歴史的建築物を視察した後、英国のガーデンシティ、ニュータウンと19世紀の工場町などを視察することによって、資産形成を実現している住宅と住宅地の現状を目で確認し、日本における資産価値の下がらない住宅デザイン、住宅地開発、住宅地管理のあり方を探ります。

◆主な視察先

<ミラノ>

◎ミラノサローネ=毎年春にイタリアのミラノで開催される世界最大のインテリア・家具見本市で、今回で49回目を迎える。この見本市には成果中から30万人以上のデザイナーやインテリア関係者が集まり、その年のデザイントレンドを決定するといわれている。

◎ミラノ市内建築物=ドゥオーモ、ガレリア、メルカンティ広場、スフォルツァ城、サンタンブロージュ聖堂等

<ロンドン郊外>

◎レッドハウス=アーツアンドクラフツ運動の推進者ウィリアム・モリスの1860年建築の住宅

◎ハムステッド・ガーデンサバーブ=20世紀はじめにロンドンへの通勤圏として計画された郊外住宅地

◎レッチワース・ガーデンシティ=20世紀はじめのハワードによる最初の田園都市で、今でも理想的な環境を保っている。

<マンチェスター郊外>

◎ポートサンライト=19世紀末に建設されたリーヴァ社の石鹸工場町で、今は人気の高い高級住宅地となっている。

◎ソルティア=19世紀末に建設された製糸工場町で、現在世界遺産となっている。

 

詳しいパンフレット・視察先写真・参加申込書はこちらから>>>>総合パンフ

中部地域“工務店”現場見学・経営者交流会[不況下で経営の原則を守る企業訪問と事例見学]

経済環境が厳しい中で最終的に企業を支えられるものは、工務店経営の原則に立った経営(CM)と、住宅地経営原則「三種の神器」を守った住宅地経営である。住宅バブル崩壊後の全米ホームビルダー協会の優秀な会員の辞令に照らしてみて、今回見学する中部地区の頑張っている工務店は、工務店経営及び住宅地経営において、その原則を活かした多様な取り組みをすることで、工務店に活力を与えている。今回の研修ツアーは、HICPMの視点で見て活力を維持できる工務店の経営と、その具体的な事業の見学と経験交流を通して、今取り組める経営のやりかたとその原則の応用の仕方を確認することを目的とする。

視察先:◎東名ホームズ(株)=外国人向け高級賃貸住宅の建設と運営で信頼を得ている

     ◎(資)安城建築=80年の歴史を持つ地元密着の優良企業で輸入住宅を得意とする

     ◎高杉建設(株)=地下室付住宅やガレージハウスなどデザイン性の高い住宅で評判

詳しいパンフレット・申込書は>>>>募集パンフレット

環境と共生するまちづくり視察ツアー[越谷レイクタウン・流山おおたかの森]

東京の北東、千葉・埼玉は、東京圏でも比較的地価の低いところであったことから、様々なテーマを持った個性的な住宅地が開発されてきました。とくにバブル崩壊後の開発は、いずれも開発業者が住宅購入者層の「費用対効果」のよい住宅を求めるニーズに絞り込んで、具体化した計画が多くなってきました。特に最近では、一般消費者の環境意識の高まりへの対応として、環境共生をテーマとしたまちづくりや、CO2の削減をテーマとした環境共生住宅の建設が、各地で行われてきています。今回の研修会では、広大な水辺空間と都市空間を融合させた環境共生都市「越谷レイクタウン」とつくばエクスプレスの開業にあわせて開発された、オオタカが棲む環境共生都市「流山おおたかの森」の戸建て住宅と集合住宅の複合開発を視察いたします。

◆視察先:

◎流山おおたかの森「ザ・フォレスト・カーサ」=オリックス不動産と東京建物が開発し、渋谷征教氏がデザインを担当した、つくばエクスプレス「流山おおたかの森駅」に近接した住宅地。総戸数51戸で平成18年に完成。立地条件、環境、デザインが優れている。

◎越谷レイクタウン=大規模な河川調整池の周りとJR武蔵野線の新駅を中心として、親水環境共生都市というテーマでUR都市機構が開発中。住宅街は、「環境共生を先導するまつづくり」モデル事業として、ダイワハウスのXEVOが採用され、132区画が分譲されている。地区内に日本最大級のイオン・ショッピングモールがオープンしている。

募集パンフレットをPDFでご覧になれます。>>>募集パンフレット・申込書



研修旅行情報

研修旅行情報



新着情報

研修旅行情報