トップページ » タウンハウス見学会、アタッチドハウス、住宅地見学会


資産価値が向上するタウンハウスと住宅地開発現場視察研修会[第47回国内住宅デザイン・町並み研修会]

現在不況にもかかわらず、市場価格としての地価が高止まりして住宅価格が引き下げられない状況にあります。高い地価の下で優れた街並みを造る方法して「隣地境界に接して住宅を供給する方法」(ゼロロット開発)が、戦前の京都、大阪や東京他、世界各都市で取り組まれてきました。1980年代に住宅金融公庫が中心になって進めたタウンハウスは、米国の60年代に始められたタウンハウスに学ぶものでしたが、その後のバブル経済下でその発展が阻害され、独立戸建住宅が中心になってきました。

住宅バブルが崩壊した米国では、消費者の購買力に対応すべく、基本的に、戸建住宅からアタッチドハウスに軸足が移っており、土地の戸密度利用を戸建住宅として実現するためには、隣地境界線に接して住宅を建築するデザインが、最も合理的な計画とする方向に向かっています。そこで今回1970年代後半にわが国で建築されて優れたタウンハウスを、建築後30年の歴史の経過を経て、現代の視点でどのように評価できるか実物を見ながら検討し、あわせて街並みの優れた和風とレンガ造りの住宅地も視察する企画を致しました。

◆ 視察先概要 :

◎南桜井タウンハウス=東急不動産により開発された21棟107戸からなる住宅地

◎ガーデンタウン南桜井=22棟87戸のタウンハウスからなる美しい住宅地

◎こしがや四季の路=21戸の和風住宅からなり、自然の樹木を残し、井戸水を利用した水路が安らぎを与える住宅地。住まいのまちなみコンクール国土交通大臣賞受賞

◎ムカサガーデン=40棟のレンガ住宅からなる100年定借の重厚な街並みの住宅地

詳しいパンフレットと参加申込書はこちら>>>>第47回国内住宅デザイン・町並み研修会



研修旅行情報

研修旅行情報



新着情報

研修旅行情報