横浜の歴史的住宅見学会<山手洋館群(エリスマン邸、外交官の家、ベールックホール他)/旧柳下邸>



この度、(一社)住まい文化研究会では、明治・大正から昭和初期にかけて欧米の建築家によって建てられた横浜・山手の洋館群と大正時代に建てられた和風建築の旧柳下邸の見学を通して、現在でも高い評価を受けている和洋の建築様式を勉強します。各住宅ではガイドさんの説明を受けながら見学しますので、その建築の特徴や時代背景なども併せて学習することができます。住宅購入者の心を掴むことができるものはデザインです。デザイン力を磨き上げるためにもぜひご参加ください。

◆ 実施日 : 2019年1月24日(木)

◆ 研修地 : 横浜

◆ 同 行 : 石川新治(一社住まい文化研究会代表)

◆ 費 用 : 一般 ¥25,000 / 住まい文化研究会会員¥20,000

◆ 参加定員:20名様

◆ 申込締切日:1月10日(木)

◆ スケジュール:

10:00 新横浜駅集合・出発~旧柳下邸~赤レンガ倉庫(昼食)~山手洋館群~17:30新横浜駅解散

◆ 視察建築物:

エリスマン邸=大正後期にFLライトの弟子であるレーモンドの設計により建てられた木造2階建て住宅

外交官の家=明治政府の外交官のため明治後期にガーディナーの設計により建てられた木造2階建住宅

ベーリックホール=昭和初期にモーガンの設計により建設されたスパニッシュスタイルの邸宅

旧柳下邸=明治・大正の有力商人の柳下氏により建設された洋館と和館が一体となった近代和風住宅

★パンフレットと参加申込書はこちら>>>募集パンフレット



新着情報

研修旅行情報