<2017NAHBインターナショナル・ビルダーズショー&キッチンバスショー>米国の資産価値の上昇する住宅地と住宅デザイン視察ツアー



<企画主旨>

欧米では住宅を購入することを「投資」と考え、住宅を持つことで資産形成することをアメリカンドリームと考えてきた。1900年エベネザー・ハワードの影響を受け、米国では住宅投資により資産形成を実現する住宅地としてフォーレストヒルズガーデンズが建設され、その後ニュージャージー州におけるラドバーン開発が取り組まれた。しかし世界恐慌によりラドバーン開発は事業の縮小を余儀なくされた。

戦後米国の経済成長と急激な住宅需要に支えられ郊外開発が進んだが、その開発を牽引したのがレービットハウス(2×4工法)とレービットタウンで、その住宅地経営はラドバーン開発を踏襲するものであったが、郊外にスプロールした開発は賊に弱い開発で、個人資産形成の目的に沿わなかったため、資産形成を実現している住宅地の調査研究から、伝統的近隣住区開発(TND)が生み出された。

TND開発の多くは、サウスキャロライナ州ローランド(ハーバーシャム、アイオン、ニューポイント)でも進み、ウォルトディズニーはオランド{フロリダ州}で「ハワードが実現できなかった夢の実現」プロジェクトをセレブレイション開発として行った。そして、それをより都心に近いところではボードウィンパークが開発された。

今回のツアーでは、20世紀から21世紀の米国における資産価値形成を図った住宅地開発の歴史を踏まえて見学することにした。

NPO法人住宅生産性研究会

<当研修ツアーの特色>

① 戸谷団長が全行程同行し、豊富な知識と経験によって、見ただけでは分からないアメリカの住宅の真実を解説します。

② オーランドでは現地の日系リアルーターの案内により住宅の内覧を行い、価値が上昇する住宅の秘密を解き明かします。

③ 帰国後報告書を作成し、参加者に配布します。

<研修日程(A)>

月 日

発着都市

交通機関

時間

行動予定

2017年

1月6日

(金)

成 田 発

航空機

午後

空路、ニューヨークへ
ニューヨーク着

午後

着後、ホテルへ

<ニューヨーク泊>

1月7日

(土)

ニューヨーク

近郊

専用バス

終日

★ラドバーン住宅地視察

★フォレストヒルズ住宅地視察

★レビットタウン住宅地視察

<ニューヨーク泊>

1月8日

(日)

ニューヨーク発

オーランド着

航空機

午後

空路、オーランドへ

着後、ホテルへ

<オーランド泊>

1月9日

(月)

オーランド

近郊

専用バス

終日

★セレブレーション住宅地視察・住宅内覧

★ボールドウィンパーク住宅地視察・住宅内覧

★新開発住宅地モデルホーム視察

<オーランド泊>

1月10日

(火)

オーランド

滞在

トラム

午前

午後

★ニューアメリカンホーム視察

★NAHBインターナショナル・ビルダーズショー&キッチンバスショー

<オーランド泊>

1月11日

(水)

オーランド

滞在

トラム

終日

★NAHBインターナショナル・ビルダーズショー&キッチンバスショー

<オーランド泊>

1月12日

(木)

オーランド発

チャールストン着

航空機

徒歩

午後

空路、チャールストンへ

★市内歴史的建築物視察

<チャールストン泊>

1月13日

(金)

チャールストン

近郊

専用バス

終日

★ハーバーシャムTND開発視察

★アイオンTND開発視察

★ニューポイントTND開発視察

<チャールストン泊>

1月14日

(土)

チャールストン発

航空機

空路、米国内乗り継ぎ成田へ

10

1月15日

(日)

成 田 着

午後

着後、解散

※TND開発=伝統的近隣住区開発(ニューアーバニズム)

★詳しいパンフレットと参加申込書はこちら>>>17NAHBパンフ(PDF)



新着情報

研修旅行情報